skip to Main Content

壬生寺

壬生寺は律宗の寺院で、延命地蔵菩薩を本尊としています。創建は991年。厄除、開運の寺として庶民の信仰を集め、毎年恒例の節分会や重要無形民俗文化財の「壬生狂言」などの行事にはたくさんの人が訪れます。
新選組ゆかりの寺としても知られており、境内の壬生塚には新選組隊士11名の墓と、近藤勇の胸像等がまつられています。また、壬生塚横の壬生寺歴史資料室では、仏像や壬生狂言で使われるお面、新選組の資料など、約30点の展示品があり、壬生寺の歴史を知ることができます。

      壬生寺                  近藤勇胸像               壬生寺歴史資料室

  • 京都府京都市
  • 参拝料/境内参拝自由、壬生塚・歴史資料室 大人200円、小中高生100円
  • 参拝時間/境内 8:30~17:00、壬生塚・歴史資料室 9:00~16:00
  • 定休日/なし
  • アクセス/阪急京都線 大宮駅西口より徒歩約6分。市バス「壬生寺道」バス停下車、徒歩約5分。
  • 所在地/京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町31
  • お問い合わせ/075-841-3381

  

Back To Top